一般歯科(虫歯の治療)
一般歯科の治療にあたるもの
歯が痛い・しみる・詰め物がとれた・咬むと痛い・その他

A,  歯が冷たいものでしみる、熱いものでしみる、咬むと痛みを感じる、食べ物が挟まる、穴が開いてる場所がある、などは虫歯の可能性が高いと思われます。レントゲンなどで検査をして早めに虫歯の治療をお勧め致します。

B.  詰めていたもの(金属製、白い詰め物、差し歯、ブリッジなど)が脱離、外れた場合、虫歯が原因の可能性がありますので早めに検査をして治療をお勧め致します。

C  歯科健診、学校・職場での歯科健診などで虫歯を指摘された場合、早めの治療をお勧め致します。

D  歯ブラシの後、血が出る、口臭が気になる、咬むと痛む、響く痛みなども虫歯及び歯肉炎、歯周病の可能性がありますので早めの検査、予防処置をご検討ください。

E  以前治療をしてたが受診できなくなった、治療途中で行かなくなってしまった、引っ越しなどで行けなくなった、なども今後痛み咬み合わせが不良により咬合に障害が出る可能性もあります。早めの検査・処置をお勧め致します。

※その他 今気になる場所など何でもご相談ください。


■虫歯の豆知識

虫歯は4段階(C1〜C4)の進行度によって処置が異なってきます。

C1 歯のエナメル質表層内の虫歯・・・歯に詰める処置または歯型を取って比較的小さめの詰め物で済む可能性があります。

C2 エナメル質表層から象牙質まで進行してる虫歯・・・歯に詰める処置が比較的大きめの補綴物(インレー・金属冠)が必要になる可能性があります。

C3 虫歯が歯の神経まで進行した場合・・・局所麻酔を使用して歯の神経を取り除く処置、根の治療が必要になり、金属冠、白い冠などの補綴処置まで必要となります。

C4 虫歯や歯が折れたりしていり場合は再度の治療が困難、神経の治療も困難、歯の原型がほとんどなく歯根のみなど歯の保存が困難な場合、抜歯処置を行う可能性があります。その後はブリッジ、義歯(入れ歯)、インプラントなどの補綴処置が必要となります。